【新着】物件⑥ 4WD車でしか到達できない、秘境の古民家

こちらの物件は現在再生工事中です。

2020年末頃を目処にご提供を開始できるよう、修復を進めております。もし年末、年明け以降の移住をお考えの方がいらっしゃいましたら、工事中の内覧、ご入居のご予約を承りますのでお気軽にご相談ください。

 

4WD車でしか進めない、山奥の秘境にひっそりと佇む古民家です
【コンセプト】 歴史ある古民家で、絶景の大自然と共に生きる

この物件は永郷と呼ばれる、八丈島の北部に位置する地域の高台にある物件です。

この地域は現在ほとんど人が住んでいないものの、昭和の時代は戦火を逃れ、北マリアナ諸島や小笠原諸島から移住した人々で集落が形成されており、当時は学校の分校も存在していたと言います。

この物件は今から約70年前、当時日本領であったテニアン島から逃れてきた日本人のご夫婦が八丈島に移住し、建てられたそうです。そのご夫婦はこの家で炭焼きの家業を営み、8人の子供に恵まれたそうです。戦地とならなかった八丈島で皆穏やかに暮らし、元気に育って本土へ移住していったと聞いています。現在その8人姉弟の一人であるご子息が八丈島にご健在で、このたびご縁を頂き、当方に売却して頂くことが出来ました。

この物件は2008年頃までは使われていたそうですが、以降放置され廃墟となっていました。この家をお譲り頂くにあたり当時の様々なエピソードを伺い、そのような歴史に満ちあふれた古民家がこのまま朽ち果ててしまうのはあまりにもったいないと考え、再生を決意いたしました。

敷地内にはその歴史を物語る構造物がいくつか残されており、まだ水道が無かった時代に作られた大きな水がめや、炭焼き窯を置いていたと思われる石囲みの窪地が確認出来ます。キッチンにはまだ薪を燃やして炊事を行っていた時代のレンガ竈(かまど)が現存しており、大変歴史の感じられる物件となっています。

居室は和室ながら10畳+7.5畳、さらに縁側という広い間取りとなっており、親子10人がひしめきあって暮らした昭和の面影が感じられます。

縁側の廊下を元気よく走り回る子供たち、外で炭を焼くお父さん、薪で火をおこし夕飯の支度をするお母さん・・・そんな平和な家族の営みがあったことを、今でも感じられるくらい温かみのある物件です。

既に畳は朽ちているため板張り仕上げにリフォーム予定です。10畳間+7.5畳間という広い居室は、現代の暮らしにおいては非常にゆとりのある空間が得られる間取りだと思います。キッチンのレンガ竈やタイル張りの流し台のような、時代を感じられるアイテムも撤去することなく、そのレトロな温もりを生かしたインテリア作りを行って参ります。

敷地は都道から八丈富士側へ登った先にあり、庭からは真正面に八丈小島を眺めることが出来ます。季節によっては夕陽も目の前で眺めることができ、眼下に広がる太平洋の絶景を独り占めすることが出来ます。木々に覆われて見晴らしとは無縁の家が多い中、古民家でありながら眺望の得られる家は非常に珍しいです。

表題にも書きましたが、この物件へ行くにはロベ畑の農道を通る必要があり、舗装が不十分かつ非常に急勾配のため、バイクもしくは4WD車でなければ到達することが出来ません。ご入居にはバイクか4WD車のご用意が必須となりますので、予めご了承ください。

生活圏から離れた地域に位置するため、各施設へのアクセスには若干の時間を要します。空港までは車で10分、底土港までは20分、最寄りの郵便局/ガソリンスタンド/スーパーまでは15分ほど掛かります。樫立や中之郷など、坂上地区からアクセスされるのとほぼ同等の所要時間が掛かるとイメージして頂ければ、不便すぎるということもありません。

また立地的な魅力として、周囲に民家が無いため騒音を気にする必要がありません。工事開始当初は音楽活動の拠点としてスタジオ化する計画もあったほどで、大音量で音楽や映画を楽しみたいというニーズをお持ちの方には、お勧め出来る物件です。住居として住まわれる以外に、お仲間内で共有の隠れ家としてもご活用されてみてはいかがでしょうか。
【概要】
所在地:八丈町大賀郷(現在工事中のため番地非公開)
構造:木造平屋建て
床面積:約32㎡
敷地面積:約755㎡(約230坪)
建築年月:築70年以上
ペット:応相談
賃料:50000円予定(改修工事内容により変更となる場合がございます)
敷金礼金:賃料の各1ヶ月
契約更新期間:2年
更新料/更新手数料:なし
※セルフリフォームOK
秘境に佇む古民家です。画像左側に本来広い庭があり、今後整備予定です。
古民家へ続く農道です。ジャングルの中を走っているような感覚が味わえます。
キッチンに残るレンガ竈と、洗い出しの流し台。これらを生かしたインテリアで仕上げて参ります
高台にある庭からは八丈小島を一望することが出来ます。

この物件にご興味をお持ち頂けましたら、お問い合わせフォーム、もしくは以下の連絡先までご連絡ください。

電話番号:090-6577-4034(加納)

【リンク集】

↓八丈島で1ヶ月以下の短期滞在をされる方にお勧めのお宿「ケンチャルマ」

You may also like...